塗る、貼る、飲む、全タイプのイボコロリ使い方まとめ

イボコロリは1種類ではありません。
塗る、貼る、飲む、と3種類あります。
今回は、それぞれの使い方についてまとめましたので、ぜひ、ご参考になさってください。
正しい使い方をして、安全かつ的確にイボ改善へと導きましょう。

 

使い方〜液体イボコロリ編〜

厚く、硬く皮膚を軟化してくれる作用があります。軟化することにより、イボやたこ、うおのめを除去することができるのです。

 

1日4回使用します。

 

薬剤は小さな瓶に入っています。瓶のキャップを取るとスティックが付いています。
このスティックに液体が付着していますので、1滴ずつ丁寧に患部へ塗布します。
周囲の皮膚へはみ出ないように、少しずつ行ってくださいね。
もし、イボのない健康な箇所へも付着してしまうと、その箇所も軟化されてしまうのでご注意ください。
完全にピンポイントで塗布するのは不可能ですが、大幅にはみ出して周囲の皮膚に大きく付着してしまった場合は、すぐに綿棒などで拭き取ってください。

 

尚、入浴や蒸しタオルなどで幹部を温めてから行うと効果を高めることができますのでおすすめです。

 

患部へ塗布すると、すぐに乾燥します。
そして、被膜ができます。被膜は白色です。初めて使用した場合、少し驚くかもしれませんが、白くなるものなので、ご安心ください。

 

2回目以降に塗布する際は、可能であれば、白い被膜を剥がしてから行ってください。
ただし、無理やり剥がしてはいけません。
剥がすことが難しい場合は、そのまま、被膜の上から塗布してください。
また、途中で、白くなった患部が軟化して剥がれそうになっていたら、ピンセットなどを用いて剥がしましょう。
無理のない範囲で行ってくださいね。この場合も、無理やり剥がさないようにしてください。
尚、ピンセットは消毒や洗浄をして、毎回、清潔な状態のものを使用してくださいね。

 

この塗布する、剥がす、という行為を繰り返しているうちに、やがて、患部を完全に除去することができるのです。
除去後は、一時的に皮膚に穴が空いているような状態になりますが、基本的には、いずれ自然に皮膚が再生され、穴は消えます。

 

ちなみに、イボ改善に、とは言え、塗るタイプは、
・水イボ
・老人性イボ
・尖圭コンジローム
・一列に並んだイボ、群生したイボ、身体に多発したイボ
には使用できませんのでご注意ください。

 

使い方〜絆創膏イボコロリ編〜

絆創膏の皮膚へくっつける面に薬剤が染み込ませてあります。
中央部分に小さな白いものが貼りつけられているのです。
この部分が患部があたるように貼りましょう。
患部が汚れている場合は、清潔にしてから貼ってくださいね。

 

そして、2〜3日貼ったままにしておきます。
2〜3日後、絆創膏を取り去る際に、イボも剥がれます。
もし、1度でイボが剥がれなければ、再び、新しい絆創膏を貼ってください。

 

貼りっぱなしでOKなので、塗るタイプよりも使いやすいかと思います。

 

使い方〜錠剤イボコロリ編〜

・大人(15歳以上)=1回につき6錠
・15歳未満〜7歳以上=1回につき4錠
・7歳未満〜5歳以上=1回につき3錠
を1日3回食前又は食間に服用します。

 

5歳未満は服用できませんのでご注意ください。
長期継続する必要がありますので、お肌の調子や体調をみながら、じっくり続けてくださいね。

 

また、医師の治療を受けている方、妊娠中または妊娠している可能性のある方、薬などによるアレルギーが起きたことのある方などでご不安な方は、いずれのイボコロリを使用する際でも、服用前に医師へ相談してください。

 

【関連記事】⇒イボコロリに副作用はない? 安全性について

関連ページ

イボコロリは顔のイボに使えないって本当?
イボコロリは顔のイボに使うことができません!顔のイボをイボコロリ以外でケアできるオススメの方法をご紹介します。
イボコロリは首回りに使ってもいい?
イボコロリは首に使ってもいいものなのでしょうか? イボコロリを首に使用してもいいのかどうかについて詳しく掲載しています。ぜひご覧ください。
イボコロリの使用期間に目安はある?
イボコロリの使用期間の目安はどのくらいなのでしょうか? 種類ごとに、イボコロリの使用期間の目安をご紹介しています。ぜひご参考になさってください。
イボコロリに副作用はない? 安全性について
イボコロリに副作用はないのでしょうか? イボコロリに副作用はないのか、その安全性について掲載しています。ご参考になさってください。
イボコロリはどのようなものが配合されている?成分まとめ
イボコロリにはの配合成分とはどのようなものなのでしょうか? イボコロリには何が配合されているのか、その成分をまとめましたのでご覧ください。
イボコロリでほくろを取ることもができるの?
イボコロリでほくろ取りができるというのは本当なのでしょうか? イボコロリでほくろ取りができるのか、または、使用してもいいのかについて書いています。
イボコロリの嬉しい効果とは?
イボコロリの効果にはどのようなものがあるのでしょうか? イボコロリの嬉しい効果をまとめましたので気になる方はぜひご覧ください。
イボコロリはニキビに使用できるのか?
イボコロリはニキビに使用できるのでしょうか? イボコロリはニキビに使用できるのかどうかについて掲載しています。気になる方はぜひご覧ください。
イボコロリの適切な塗る量ってどのくらいなの?
イボに効果的として人気のイボコロリの適切な塗る量とは一体どのくらいなのでしょうか? イボコロリの適切な塗る量について調べて書いています。
イボコロリでシミもとれるって本当? 真相は?
イボコロリでシミもとれるって本当なのでしょうか? イボコロリでシミもとれるのかどうかについて調べて書いています。ご参考になさってください。