【要注意】イボコロリは顔のイボに使えません!

イボコロリはキャッチーな商品名の通り、イボを治療できる市販薬です。
イボは顔や身体などあらゆるところにできる皮膚疾患ですが、イボコロリは顔のイボに使うことは可能なのでしょうか?

 

 

◆イボコロリは顔のイボには使えない
イボコロリは液体、絆創膏、内服錠の3種類があり、ドラッグストアや薬局などで購入することができます。
イボに悩んでいるならまず試してみようと考える方もいるとは思いますが、顔のイボにはイボコロリを使うことが出来ません。

 

なぜイボコロリを顔のイボに使ってはいけないのか?

イボコロリを顔のイボに使ってはいけない理由はちゃんとあります。

 

イボコロリの主成分はサリチル酸です。
サリチル酸には角質を柔らかくし、古い角質を取り除く角質軟化溶解作用があります。
イボができている部分の角質を除去して新しい皮膚を再生させるという点では非常に効果的ですが、サリチル酸は刺激の強い成分です。

 

サリチル酸はピーリングなどにも使用される成分ですが、副作用として肌にトラブルが起こる可能性があります。

・皮膚の赤み
・ただれ
・ピリピリとした痛み

 

副作用が必ずしも出るとは限りませんが顔の皮膚は他の部位と比べて薄いため、手足のイボよりもリスクが高くなります。
イボコロリの説明書にも顔のイボには使えないと記載されていますので、自己判断で使用しないほうが安全です。

 

イボコロリの内服錠は顔のイボにも使えます

イボコロリは顔のイボに使うことができないと言いましたが内服錠なら話は別です。
イボコロリ内服錠は主成分がヨクイニンエキスだからです。

 

ヨクイニンエキスはハトムギから抽出される成分で、内服することによって新陳代謝を活性化し、肌のターンオーバーを促す作用があります。
また、角質層の保湿力を高めるのでイボの改善には効果が期待できます。

 

ヨクイニンエキスは皮膚科でも顔のイボ治療に処方される安全性の高い成分なので、もしイボコロリを試してみるなら内服錠にすると良いと思います。

 

ただし、ヨクイニンエキスの経口摂取は効果が出るまでに時間がかかります。
体質改善によって顔のイボなどの肌トラブルを治していくものですので、短期間では効果が出にくいということは覚えておきたいですね。

 

⇒顔のイボケアにお勧めの化粧品はこちら

顔のイボには艶つや習慣を使うのがオススメ!

顔は外的刺激を受けやすい部位であるうえにイボができると非常に目立ちます。
イボコロリを内服して改善することも良いとは思いますが、身体の内側からだけのケアでは時間がかかってしまいます。
できるだけ早く治したいのであれば艶つや習慣をオススメします。

 

艶つや習慣は角質ケアによって顔のイボをキレイにできるオールインワンジェルです。
すでに35万個も売れているイボケアの代表格ともいえるアイテムなのです。

 

艶つや習慣が顔のイボに効く理由とは

艶つや習慣は顔のイボに悩んでいる多くの方に選ばれています。
ずっと悩んでいたイボやポツポツがなくなり、肌がなめらかになったという声が多数届いているみたいですね。

 

艶つや習慣はなぜ顔のイボに効くのでしょうか?

 

ダブル成分配合だから古い角質を徹底的にケアできる

顔のイボはターンオーバーの乱れなどによって古い角質が固まり、そのまま表面にとどまってしまっている状態です。
ターンオーバーを活性化させてあげれば簡単にポロリと落とすことができます。

 

そこで大切なのが角質ケアです。
艶つや習慣には角質ケア成分であるあんずエキスとハトムギエキスが配合されています。

 

あんずエキスはいろいろな脂肪酸を豊富に含んでおり、肌のバリア機能を高める効果があります。
加齢とともに低下したバリア機能を向上させるのでターンオーバーが正常化されやすく、なめらかな肌を取り戻すサポートをしてくれます。

 

ハトムギエキスは前述したヨクイニンと同じ成分です。
固くなってしまった角質を柔らかくし、ターンオーバーを活性化する作用もあります。
直接肌に塗ることができるので効果を実感しやすく、保湿力にも優れていますから乾燥肌のケアにもオススメです。

 

美肌成分が肌力をアップさせる

艶つや習慣には

・プラセンタエキス
・アロエベラ
・ヒアルロン酸
・アスタキサンチン
・コラーゲン

といった美肌成分もたっぷり凝縮されています。

 

イボは肌トラブルのひとつです。
肌のコンディションが悪ければできやすくなってしまいますし、どんなにケアをしても治りが遅くなってしまいます。

 

艶つや習慣は美肌成分によって肌力をアップさせてくれますから、治りにくい顔のイボを効果的に改善することができるのです。

 

マッサージによって角質が取れやすくなる

艶つや習慣はオールインワンジェルで、洗顔や入浴後に顔に塗ってマッサージして使います。
マッサージは血行促進作用によってターンオーバーを改善する効果がありますし、角質そのものを柔らかくしてくれます。

 

角質が柔らかくなると角質層まで有効成分を届けやすくなりますから、あんずエキスやハトムギエキスなどの成分が浸透して効果的です。
ただ塗るだけよりもマッサージをプラスすることによって、より顔のイボを取れやすい状態にできますよ。

 

さらに週に1回のスペシャルパックをすれば、効果がしっかり実感できると思います。

 

 

◆艶つや習慣であなたの悩みを解消しよう
顔のイボを治す方法はいろいろあります。
イボコロリもその方法のひとつではありますが、内服するだけで症状をすぐに改善することは難しいというのが現状です。

 

顔のイボをキレイにするのはもちろん、これからできる可能性があるイボを予防したいなら艶つや習慣を使い始めてみてはいかがでしょうか?

 

艶つや習慣ならひとつでイボケアとスキンケアを同時にできます。
子供から大人まで誰でも気軽に使えて、気になる顔のイボをキレイにしつつ肌のコンディションも高めてくれる優秀なオールインワンジェルなんです。

 

顔のイボが気になり始めたら、まずは艶つや習慣をチェックしてみてください。
あなたの悩みを解消する近道になるはずです。

 

⇒艶つや習慣の詳細はこちら

関連ページ

イボコロリは首回りに使ってもいい?
イボコロリは首に使ってもいいものなのでしょうか? イボコロリを首に使用してもいいのかどうかについて詳しく掲載しています。ぜひご覧ください。
液体、絆創膏、錠剤、タイプ別イボコロリの使い方まとめ
液体、絆創膏、錠剤、全タイプのイボコロリ、その使い方はどのようなものなのでしょうか? 全タイプのイボコロリ、その使い方についてまとめました。
イボコロリの使用期間に目安はある?
イボコロリの使用期間の目安はどのくらいなのでしょうか? 種類ごとに、イボコロリの使用期間の目安をご紹介しています。ぜひご参考になさってください。
イボコロリに副作用はない? 安全性について
イボコロリに副作用はないのでしょうか? イボコロリに副作用はないのか、その安全性について掲載しています。ご参考になさってください。
イボコロリはどのようなものが配合されている?成分まとめ
イボコロリにはの配合成分とはどのようなものなのでしょうか? イボコロリには何が配合されているのか、その成分をまとめましたのでご覧ください。
イボコロリでほくろを取ることもができるの?
イボコロリでほくろ取りができるというのは本当なのでしょうか? イボコロリでほくろ取りができるのか、または、使用してもいいのかについて書いています。
イボコロリの嬉しい効果とは?
イボコロリの効果にはどのようなものがあるのでしょうか? イボコロリの嬉しい効果をまとめましたので気になる方はぜひご覧ください。
イボコロリはニキビに使用できるのか?
イボコロリはニキビに使用できるのでしょうか? イボコロリはニキビに使用できるのかどうかについて掲載しています。気になる方はぜひご覧ください。
イボコロリの適切な塗る量ってどのくらいなの?
イボに効果的として人気のイボコロリの適切な塗る量とは一体どのくらいなのでしょうか? イボコロリの適切な塗る量について調べて書いています。
イボコロリでシミもとれるって本当? 真相は?
イボコロリでシミもとれるって本当なのでしょうか? イボコロリでシミもとれるのかどうかについて調べて書いています。ご参考になさってください。