顔のイボを市販薬で治そうと思ったら・・・?

顔のイボの多くは良性腫瘍のスキンタッグ、角質粒と呼ばれるものです。

 

感染力もなく、健康を害することはないので心配は入りませんが、見た目が気になりますよね?

 

 

皮膚科やクリニックでレーザーや凍結をしたりする治療法以外にも自宅で自分でできる市販薬も多く出回っています。
様々なタイプがありますのでタイプ別にご紹介します。

 

 

●錠剤タイプ

 

ハトムギの皮を取り除いたものをヨクイニンと呼びます。
生薬の一つで、栄養価が高くたんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミンB群が豊富。

 

古くからイボの治療に使われてきたもので、肌の角質層から潤す効果があり、様々な肌トラブル改善に役立ちます。

 

錠剤タイプだと一日3回食前に服用し、1回で2から8錠が必要。

 

値段の目安としては350錠 2940円、1000錠 6700円などがあります。

 

粉薬もあります。

 

 

 

●絆創膏タイプ

 

殺菌力の高いサリチル酸を含んだ絆創膏をイボに直接張るタイプ。

 

皮膚を柔らかくし、角質を除去しやすくしてイボを治せます。

 

ウイルス性のイボには有効だが、顔のイボ(老人性のイボ)には向かない場合もあります。

 

 

●ピーリングタイプ

 

顔のイボの原因は老化ですが、古い角質が折り重なって溜まって溜まってしまったことから起こるとされています。

 

この古い角質を除去するのにピーリングを用いて古い角質の排出を手助けするタイプです。

 

値段の目安としては15gで3800円程です。

 

 

●化粧品タイプ

 

一番種類が多いこのタイプの多くにはイボ治療に効果的なハトムギや杏仁などのエキスを含んだり、殺菌作用のあるものが多いです。

 

美容液、クリーム、ジェルであったりと商品によって形状は違いますが、通常のお手入れにこの化粧品を組み込むだけでイボに効果を出す事ができるので一番多く利用されています。

 

イボ以外にも肌の健康に嬉しい成分が豊富な点も人気の理由のようです。

 

 

値段は商品によって格差がありますが一部をご紹介します。

 

クリームタイプ→15gで約4,000円
美容液タイプ→30mlで約1,900円  など。

 

 

 

上記の市販薬を見てもらうと分かるように改善にはヨクイニンという成分が有効のようですね。

 

ハトムギに含まれるこの成分は漢方薬局で処方してもらう事も出来ますし、ドラッグストアで購入することも可能です。

 

お茶としても売られていますので、長期的な改善、もしくは予防に利用するのもアリだと思います。

 

 

その他のタイプもドラッグストアで購入できるものと、通販のみのものもあります。

 

特に化粧品タイプは種類も多いので自分で納得のいくものをネットで探すのがいいかもしれません。

 

 

今回ご紹介したのは顔のイボのスキンタッグや角質粒の場合の市販薬を使った改善方法です。

 

ウイルス性のイボには効果がない訳ではありませんが、感染拡大の恐れもありますので、上記の市販薬を試しても治らない場合、少しおかしいなと感じる場合はすぐに皮膚科受診をしてください。

 

 

また、皮膚科での治療は保険が適用する場合もあり、思ったより安価で済む事もあります。

 

値段の面でも一度皮膚科を受診して治療内容と値段と照らし合わせ、市販薬と皮膚科での治療とどちらが自分に合っているか決めるのが一番いいかもしれませんね。

 

関連ページ

首のイボの治し方!目立つからこそ早くケアしたい
首のイボの治し方を紹介しています。皮膚科での治療が一般的ですが、首のイボにはもっと手軽な治し方があるんです!
増殖するって本当!?首のイボの原因とは?
ポツポツと首のイボが出来てきた・・・という方はいませんか?これは角質粒という良性の腫瘍です。お手入れせずに放置すると増殖する可能性も大!首のイボの原因を知って的確なケアを今すぐ始めましょう!
首のイボ改善には尿素がいいって本当??
ハンドクリームでもおなじみの尿素。この尿素が首のイボの改善に役立つと噂です。首のイボにも効果があるものなのでしょうか?尿素の事についてまとめてみましたのでご参考にしてください。
首のイボに効くだけじゃない!ハトムギの実力!
ハトムギが首のイボなどイボの改善に効果的という事は耳にしたことがあると思います。皮膚科でも処方されるハトムギにはいったいどういう効果があるのか?また、摂取方法と副作用も含めてまとめてみました。
首のイボの取り方にはどういうものがあるの?
首にできてしまったイボの取り方にはどういった方法があるのでしょうか?皮膚科に行くのが一般的ですが、そこではどんな治療が行われているのでしょう?首のイボの治療法と気になる治療費もご紹介します。
顔のイボの治療法!痛みや費用はどれくらい?
皮膚科で行う顔のイボの治療を紹介しています。もっと手軽に顔のイボの治療ができたら…そんな人はこちらをご覧ください。
首・顔のイボのおススメの取り方は?皮膚科?イボ取りクリーム?
気づいたら広がっていた顔のイボ。どうやって取ればいいのでしょう?多くの方がまずは皮膚科に行くとお思いますが、皮膚科での治療法と自宅でもできる顔のイボの取り方をご紹介します。
顔のイボの予防法はコレ!3つのキーワード!
気になってはいたけど・・・と顔のイボ、放置していませんか?気になるイボは老人性のイボの可能性が大です。しかも増殖することが特徴です。老化現象なので誰にでも起こりうる顔のイボなのでできてしまう前に予防しましょう!予防のポイントである3つのキーワードをご説明します。
【注意!】顔のイボはウイルス性?それとも?
顔にイボが出来てしまったらショックですし、広がらないか心配ですよね。顔のイボにはウイルス性とそうでないものがあるようです。それぞれ特徴を挙げてみましたので顔のイボがウイルス性かどうかチェックしてみて下さいね!
妊娠中も顔のイボケアできる? できない?
デリケートな時期である妊娠中に顔のイボがあらわれた場合、どんなケア方法があるの? 妊娠中にも顔のイボを改善できる方法を見ていきましょう。
妊娠中に出来たイボを液体窒素で取るのは大丈夫?痛くない?
妊娠中はホルモンバランスが崩れてイボが出来る方がいますが、痛みが伴う液体窒素で取るのは大丈夫なのでしょうか?デリケートな妊娠中のイボを取るのに液体窒素以外に方法はないのかまとめました。