イボの原因や治し方記事一覧

首のイボは、皮膚科などで適切な処置を受けると比較的早く治ります。角質や皮脂が固まってできたイボも、時間が経つとどんどん大きく成長し、中にはウイルスを含んでしまうことも。そうならないためには、正しいイボの治し方で、早目に対処するのが良いでしょう。皮膚科での処置は、液体窒素で焼く方法、レーザーで削る方法、薬で体の内側から取り除く治し方があります。この中で特に痛みが強く、苦痛を伴うのが液体窒素を使う方法...

首にできるザラザラの原因。よく見てみるとイボのようなものが出来ていませんか?これは良性の腫瘍で角質粒と呼ばれるものです。良性のイボとひとくくりに表現する場合もありますが、細かく分けると3種類に分けることが出来ます。・アクロコルドン・・・小さく突起がすくないもの・スキンタッグ・・・2、3mm程度で突起があるもの・軟性線維腫・・・5mm以上ある大きいもの首にできる角質粒の大部分はスキンタッグ、アクロコ...

首のイボの改善に尿素がいいという噂がネット上であります。気になるポツポツとした首のイボを治そうと検索している方はご存知かと思いますが、尿素を使った治療は注意が必要です!尿素と聞いてまず思い出すのはハンドクリームやかかとひじなどの角質化したところへのクリームですよね。よく耳にしますが実際は何でしょうか?◆尿素って?尿素は肌本来が持つNMF(天然保湿成分)の一つで角質層に存在します。保湿効果が高く、た...

首のイボや顔のイボの治療に皮膚科でもハトムギが使われているようです。民間療法のような感じがありますが、ハトムギって本当にイボに効果があるものなのでしょうか?◆ハトムギとは?タンパク質、カルシウム、鉄、カリウム、ビタミンB1が豊富な植物で古くからイボの治療に使われてきました。皮を除いたものをヨクイニンと呼び漢方でも生薬として扱われています。◆効能は?・肌、体の新陳代謝促進・デトックス効果・保湿効果・...

首のイボや顔のイボは鏡を見るたび目に入りますし、人の目も気になる所ですよね。触った時にも不快ですし、一刻も早く取りたいところ。皮膚科に行く前に治療法について知っておくと治療の選択肢が広がるのでおすすめです。首のイボの取り方にはどういったものがあるのでしょうか?〜皮膚科での治療〜◆液体窒素マイナス196℃の液体窒素を使いイボを焼き切る方法です。保険が適用可能で¥6,000〜8,000円が相場のようで...

顔のイボは、治療するのも大変です。皮膚科に行くと液体窒素で焼いたり、専用のピンセットやはさみで取り除く治療法を施されますが、顔はデリケートなため、跡が残ってしまうととても悲しい気持ちになりますよね。とくに、液体窒素で顔のイボを治療する場合は、激痛を伴います。液体窒素は所謂ドライアイスのようなもの。直接イボに押し当てて焼いて治すので、その痛みは相当なものです。目元などのデリケートな部分に関しては、あ...

顔のイボができて悩んでいる方にとって一番知りたいのはイボの取り方ですよね。顔のイボは放置すると悪化して大きくなったり増えてしまうことがあるので、早めになんらかの対応をしたいものです。顔のイボの取り方は主に病院で治療する方法か、自宅でセルフケアする方法になります。それぞれの顔のイボの取り方をご紹介していきますので参考にしてみてください。⇒この記事で紹介しているイボ対策化粧品の詳細はこちら顔のイボを病...

首や顔にポツポツと出来るイボ。気になってはいたけど、どうしたらいいのか分からず放置してしまっている…という方、多いのではないでしょうか?この首や顔のイボはスキンタッグと呼ばれるもの。角質粒とも呼ぶ場合もあります。イボと聞くとまず心配なのはうつるのか?という事ですが、その心配はありません。このスキンタッグの原因は老化現象だからです。厳密に言うと脂漏性角化症という皮膚疾患の一部です。いわゆる老人性イボ...

顔のイボができてしまった場合まず心配なのは感染力があるのかどうかですよね?一般的にイボというものはウィルス(ヒトパピローマウイルス)によって感染したものです。体の免疫力が低下しているとき、皮膚に傷があったりするとこの傷口からウイルスが侵入しイボとなって現れてしまいます。ステロイド剤を内服、外用している場合は皮膚の免疫力が落ちているのでできやすい傾向にあります。アトピー性皮膚炎なのでステロイドを常用...

顔のイボの多くは良性腫瘍のスキンタッグ、角質粒と呼ばれるものです。感染力もなく、健康を害することはないので心配は入りませんが、見た目が気になりますよね?皮膚科やクリニックでレーザーや凍結をしたりする治療法以外にも自宅で自分でできる市販薬も多く出回っています。様々なタイプがありますのでタイプ別にご紹介します。●錠剤タイプハトムギの皮を取り除いたものをヨクイニンと呼びます。生薬の一つで、栄養価が高くた...

妊娠中は、顔のイボケアをどうしたらいいの?! というお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?赤ちゃんがお腹にいる間は、大変デリケートな時期です。顔のイボを改善するために薬を使用することは控えるべきですよね。だけど、改善はしたい! そんなとき、どのような方法があるか見ていきましょう。-妊娠とイボの関係妊娠中は、体の変化がでやすい時期でもあります。妊娠してからイボができてしまうケースもございます。な...

イボが出来てしまって困っているという方の中に、妊娠中の方や授乳中の方などはいらっしゃいませんか?そういった方でも液体窒素でのイボの除去は可能なのでしょうか?痛みなどは?費用は?などなど、デリケートな時期だからこそ、様々なことが気になります。液体窒素でのイボ治療というのは、一般的なものになっていますが、妊娠中や授乳中の場合は大丈夫なのか?というところは心配になりますよね。今回は主に、妊娠中の方の液体...

イボコロリはキャッチーな商品名の通り、イボを治療できる市販薬です。イボは顔や身体などあらゆるところにできる皮膚疾患ですが、イボコロリは顔のイボに使うことは可能なのでしょうか?◆イボコロリは顔のイボには使えないイボコロリは液体、絆創膏、内服錠の3種類があり、ドラッグストアや薬局などで購入することができます。イボに悩んでいるならまず試してみようと考える方もいるとは思いますが、顔のイボにはイボコロリを使...